【まとめ】種牡馬 種付け頭数 推移(2022年)

種牡馬トレンド データ&考察

2021年版の記事はこちらへ↓

この記事で分かること

・主要種牡馬の種付け頭数 推移をまとめています

・種付け頭数の推移から、生産者の期待(トレンド)が読み取れます →産駒頭数が多ければ、産駒成績UPが予想されます

・一口馬主・POG戦略の参考にできます(管理人の所感コメント付き)

 

エンタメサービス 広告掲載

【楽天マガジン】

競馬雑誌の週刊Gallop(定価:750円、1ヶ月3000円)を含めた700誌以上の雑誌が読み放題! 1ヶ月330円(※年払い)、 418円(※月払い)

➡31日間の無料期間を試してみる

- - - - - - - - - - - -

【U-NEXT】

映画、ドラマ、アニメなど充実のラインナップ。 U-NEXTは見放題作品数NO.1の動画サービス! (※GEM Partners株式会社調べ、2020年5月時点)

無料期間では、最新作や電子書籍などが楽しめるU-NEXTポイント600円分もプレゼント!

➡31日間の無料期間を試してみる

- - - - - - - - - - - -

【DMM DVD/CDレンタル】

自宅にいながらCDやDVDをお得にレンタル! ネットで借りて~自宅に届き~ポストへ返却

➡1ヶ月の無料期間を試してみる

- - - - - - - - - - - -

【dTV】

子供から大人まで楽しめる多彩なジャンルの作品が月額550円(税込)で見放題の定額制動画配信サービス!

➡1ヶ月の無料を試してみる

 

競馬サービス 広告掲載

オッズパーク】(会員数100万人以上)

ポイントが付くからお得に馬券が買える!

➡無料会員登録をして試してみる

 

種牡馬 種付け頭数 一覧表

対象とする種牡馬の条件

  • 社台スタリオンステーションの種牡馬
  • 2021年 100頭以上種付けしている種牡馬
  • 2022年の種付け料が200万円以上の種牡馬 or 2020~2022年満口の種牡馬

一覧表(情報付き)

年度は、種付け年で表示しています(例:2019年種付け→2020年産駒

・色付けの定義は以下です(2018年以降)

一覧表(並べ替え可)

年度は、種付け年で表示しています(例:2019年種付け→2020年産駒

・各年度でランキング順に並び替え可能です

・表示件数の変更可能です

・スマホの場合は、PC表示での閲覧がオススメです

馬名2022202120202019201820172016
ルヴァンスレーヴ満口223
エピファネイア満口218240225221210221
ゴールドドリーム満口212
サートゥルナーリア満口205
キズナ満口192242164152212269
アメリカンペイトリオット18686109154
ブリックスアンドモルタル180178
モーニン178190
ミスターメロディ満口174
リアルスティール満口173176177
ドレフォン満口172186204207
ホッコータルマエ満口172161208182164
レイデオロ満口170196
モズアスコット満口167
サンダースノー160152
イスラボニータ159122142170
オルフェーヴル15716552136191244
ロードカナロア155181250307250267
ミッキーアイル155104142159147
カルフォルニアクローム満口154143
ナダル150
リオンディーズ満口149142153161191
モーリス146165212245265
フォーウィールドライブ満口139
シルバーステート満口138165157191
アジアエクスプレス134161172205175
サトノダイヤモンド134145144
エスポワールシチー満口13410713816112368
タワーオブロンドン134
ルーラーシップ133134227243240280
マクフィ13355105107142
ドゥラメンテ131178184294284
コパノリッキー130143159194
デクラレーションオブウォー128134152
ノーブルミッション128
ベストウォーリア126155158
ダノンレジェンド12614312611994
パイロ126141126151113184
サトノアラジン1249590118
ニューイヤーズデイ117158
ヘニーヒューズ満口117132170192148182
アドマイヤマーズ115
マジェスティックウォリアー112175141135113127
ディスクリートキャット111106143168137
アルアイン108104
ビッグアーサー107135155164
フィエールマン107
シニスターミニスター満口106119115164164118
ゴールドシップ1069510793110109
バゴ105118110375122
キタサンブラック満口10292110130
シャンハイボビー10097108
スクリーンヒーロー99121118110143168
ダノンバラード満口981041081241
マインドユアビスケッツ95141155
スワーヴリチャード94123
サトノクラウン93135207
シュヴァルグラン91128
レッドファルクス83117132
ハービンジャー80119217214164102
ワールドエース641316887108131
フリオーソ63107175131147107
ジャスタウェイ6186214151121151
ロゴタイプ59809097
ファインニードル54110105
リアルインパクト5312911836112139
ダイワメジャー51112157136161156
キンシャサノキセキ46100156128118156
ブラックタイド46738090149101
シスキン20
ハーツクライ71180174176135
ディープインパクト24206241243
キングカメハメハ122132151
クロフネ10366157
コントレイル満口
クリソベリル満口
ダノンスマッシュ満口
ダノンプレミアム満口
マテラスカイ満口

種付け料推移 から読み取る種牡馬トレンド

【2022年】全体

2022年の種牡馬事情

ディープインパクトキングカメハメハに続き、長年の3大種牡馬の一頭であったハーツクライまでも種牡馬引退。➡次世代の種牡馬へ勢力図変遷

・次世代を担う種牡馬の1頭であったドゥラメンテが急逝。

上位人気をキープ

エピファネイアは、毎年満口の大人気種牡馬。母は名牝シーザリオ、サンデーサイレンスクロスがしやすい、現代日本における2大血統であるディープインパクト/キングカメハメハ持ちの繫殖牝馬と配合できる点等から、生産者の期待値はかなり高いです。1年目産駒に3冠牝馬デアリングタクト、2年目産駒に年度代表馬エフフォーリア、3年目産駒に2歳女王サークルオブライフと大物を続々と輩出し、種付け料TOPの日本のエース種牡馬に。

キズナは、2019年は164頭の種付け頭数で満口ならずでしたが、産駒デビュー後の2020年にV字回復。2019年のファーストシーズンランキングで第1位となった反響でしょう。当初はノーザンファーム生産馬が少なかったものの、2020年産駒からは一気に増加しましたので、今後の大物輩出に大いに期待です。

ドレフォンは、初年度から上位人気をキープ。種牡馬は3~4年目に谷間になることが多いですが、しっかり種付け頭数をキープできています。初年度産駒がデビューし、芝ダート幅広く勝ち星を重ね、2歳勝利数30で新種牡馬2歳リーディングサイアーに輝きました。初年度産駒からジオグリフを輩出したことで、今後も益々勢いつくことでしょう。

ドゥラメンテは、毎年満口の大人気種牡馬で、2021年の急逝がとても残念です。2017年/2018年と比較すると、2019年/2020年の種付け頭数は大幅に減少していますが、満口であることから、意図的に絞っていると推測されます。初年度産駒デビューの2020年は、ファーストシーズンサイアーランキング1位に輝きました。血統は、キングカメハメハ、サンデーサイレンス、トニービン、ノーザンテーストといった過去のリーディングサイアー達であり、牝系も名牝エアグルーヴ一族。まさに日本近代競馬の結晶と言われています。1年目にタイトルホルダー、2年目にスターズオンアースを輩出しました。残された産駒から更なるドゥラメンテの後継馬が出現することを願います。

ロードカナロアは、種付け料高騰が背景か、2021年/2022年と2年連続満口とはなりませんでしたが、初年度からの上位人気はキープできています。今後は、種付け料が高騰して繫殖牝馬の質が更に上がった世代の活躍に期待されます。

リオンディーズは、半兄エピファネイア、母シーザリオという血統背景から、初年度から人気をキープしています。社台スタリオンステーション以外では最もクラシックを狙える種牡馬ではないでしょうか。

モーリスは、2021年/2022年と2年連続満口ならずでしたが、初年度から常にトップクラスの人気をキープしてきます。ファーストシーズンサイアーランキングでは、ドゥラメンテと凌ぎを削った関係ですし、引き続きノーザンファームのバックアップも強いので、今後の活躍に期待です。

イスラボニータは、満口とはならずも、初年度から頭数をキープできています。

オルフェーヴルは、2019年に激減するも、2020年にV字回復をして、2021年は満口となりました。芝だけではなくダートでも活躍馬を輩出しており、父同様の爆発力に期待です。

シルバーステートは、初年度から満口の大人気種牡馬。そして初年度産駒の活躍から、種付け料も2022年に一気に高騰しながらも満口を集めました。繫殖牝馬の質が上がった今後が益々楽しみです。

ルーラーシップは、初年度から2021年まで満口となっている種牡馬。しかし2022年には種付け料減ながらも満口とはなりませんでした。昨今の産駒の活躍もピリッとしない印象ですが、残された産駒から活躍馬が出現するか、注目です。

バゴは、晩年ながらも、2019年から100頭の大台超えをキープ。クロノジェネシス、ステラヴェローチェを輩出した反響が出ています。

 

ダート種牡馬として、人気をキープしている種牡馬は、ホッコータルマエ、ヘニーヒューズ、アジアエクスプレス、コパノリッキー、エスポワールシチー、ダノンレジェンド、パイロ、マジェスティックウォリアー、ディスクリートキャット、シニスターミニスターが挙げられます。

 

上昇トレンド

ミッキーアイルは、2020年の種付け頭数がやや落ち込むも、初年度産駒の2歳戦から芝/ダートの重賞馬を輩出し、2021年の種付け数は満口に。今後も期待されます。

アメリカンペイトリオットは、2020年(86頭)➡2021年(186頭)と一気に急上昇。初年度産駒デビュー前での急上昇は異例で、よほど産駒の評判が良かったことが推測されます。

マクフィは、2020年(55頭)➡2021年(133頭)と一気に急上昇。日本に供養されて初年度産駒の活躍が影響したと推測されます。

キタサンブラックは、初年度産駒がデビューしたことで、2022年は初めて種付け頭数も満口に。大物のイクイノックスを輩出したことが大きな要因であったと推測されます。

 

下降トレンド

サトノクラウンマインドユアビスケッツは、初年度産駒から下降トレンドとなっています。2022年の初年度産駒の活躍が期待されます。

ハービンジャーは、2018年/2019年のピークから下降トレンドとなっています。

ワールドエースは、2020年に満口となるも、再び2021年には頭数が減少しています。

ジャスタウェイは、社台スタリオンステーションを出て以降、少

リアルインパクトは、2020年に満口となるも、2021年には頭数が減少しています。

ダイワメジャーは、2020年に満口となるも、2021年には頭数が減少しています。晩年というのも影響していそうです。

キンシャサノキセキは、2019年以降、下降トレンドが続いています。

産駒未デビュー 注目種牡馬

産駒未デビューの種牡馬の内、種付け頭数が多く、注目されている種牡馬が下記です。

2022年デビュー:リアルスティールサトノクラウンサトノダイヤモンドベストウォーリアマインドユアビスケッツデクラレーションオブウォー

2023年デビュー:レイデオロモーニンブリックスアンドモルタルサンダースノーニューイヤーズデイカルフォルニアクロームシュヴァルグラン

2024年デビュー:サートゥルナーリアナダルモズアスコットルヴァンスレーヴフォーウィールドライブゴールドドリームミスターメロディタワーオブロンドン

2025年デビュー:コントレイル、クリソベリル、ダノンスマッシュ、ダノンプレミアム、マテラスカイ

 

【種付け頭数推移から読み取る注目種牡馬】2022年 POG向け

2022年 POG向けとして、種付け頭数から読み取る、注目種牡馬をまとめます。2020年産駒(2019年種付け)に着目しています。 ※上位種牡馬以外

ジャスタウェイが満口の214頭。初年度産駒がデビューし、ファーストシーズンサイアーランキング1位となった後のタイミングです。

ハービンジャーが満口の217頭。ブラストワンピース・ノームコア出現後のタイミングです。

サトノクラウンが207頭、リアルスティールが177頭、サトノダイヤモンドが144頭。初年度から上位の頭数を集めています。

ハーツクライは満口の180頭。2019年シーズン途中にディープインパクトが離脱したことから、ディープインパクト予定の上級繫殖牝馬がハーツクライに流れていると推測されます。

 

【種付け頭数推移から読み取る注目種牡馬】2022年 一口馬主向け

2022年 一口馬主向けとして、種付け頭数から読み取る、注目種牡馬をまとめます。2021年産駒(2020年種付け)に着目しています。 ※上位種牡馬以外

リアルスティールが176頭、サトノダイヤモンドが145頭。2年目も上位頭数をキープしています。

レイデオロが196頭、ブリックスアンドモルタルが178頭、ニューイヤーズデイが158頭。初年度から上位の頭数を集めています。

ハーツクライが頭数を絞っての71頭(満口)。ラストイヤーだけに、選りすぐりの繫殖牝馬が集められているはずです。

タイトルとURLをコピーしました